『わたしの、領分。』観劇記

8月15日(土)に、シアター風姿花伝にて「わたしの、領分。」を観てきました。当然ですが、岡村いずみさん目当てです。来年は大河ドラマ「真田丸」にも出演ということで、ますますのご活躍が期待できるところですが、その辺りのことは別途。

開演30分前に開場。舞台には既に友寄蓮さんがいました。
白いテーブルクロスがかかった台の上に座っています。真っ白な台の上に真っ白な衣装の彼女。彼女がマジパンで、テーブル周囲に散りばめられたカラフルな原色とりどりの積み木はカラースプレーの様でした。ゆっくり動いています。視線を絡ませられないかとも思ったのですが、流石演技中だけあって……。周囲の観客はボクほどは彼女のことを見つめていない様子。もしかしたらボクにしか見えていない?そんなはずはないのだけれど、小劇場の観客席という、ボクにとっての非日常と彼女のこの世のものとは思えない美しさにそんなことを思わされてしまいました。
暗転し開演。場面はカウンセリングルーム。どうやら就学前の子どもとその親が来ている様子。
ちょこちょこ場面が変わるのだけれど、彼女は終演直前までずっとそこに座っていました。
場面が変わるごとに他の子どもの役になります。ダブルキャストが話題の公演でしたが、彼女に限っては一人何役だったのだろう?子どもの役だけではなく、もう一人の主演者の心の姿をも演じていました。
最後までそこに座っていると思っていた彼女が、最後に立ち上がったときには驚き、舞台から引けたときには舞台だけでなく僕の心にもぽっかり穴が空いてしまったような気がしました。

もう一人の主演は最上瑠南さん。
アスペルガーの雰囲気のある自閉症スペクトラムな感じの臨床心理士を好演。どこにでもいそうな人を演じていました。
そう、どこにでもいるのです。「わたしの、領分。」のテーマは自閉症等の発達障害を疑われる子どもを持った親の戸惑いと発達障害・学習障害・精神障害に対する社会の誤解と受け取りました。相談を受ける側もが何らかの障害を持っているという設定から、観るものに様々なコトを考えさせました。
ボク自身メガネがなかったら生活できません。そういう意味では視覚障害者……視覚障害スペクトラムです。自閉症傾向も認めますし、記憶力については学習障害も持ち合わせているのではないかと自らを疑っています。……認知症の方が近いかも?

開演前からの演出とキャストの皆さんの好演などから、観客すべてが舞台に引き込まれていました。
電話の音で終演となりますが、はっきりと終わらないのは、物語がそのまま現実の世界につながっているというメッセージだったのかも知れません。

お目当てのいずみさん。
細いです!ビックリしました。食べるのが好きなんじゃありませんでしたっけ?
役作りのために普段から節制しているのか、様々な稽古のために消費カロリーがものすごいのかのいずれか。
どちらにしても、舞台・銀幕のために努力している姿が、彼女を応援したくなる大きな要因です。
コワイ事務員の役と聞いていたのですが、キレた原因は嬉しかった。
「空喰いの橋」でやったような役も見てみたいです。

いずみさんとWebで放送をしている亀田梨紗さん。YではなくXを選んだのは彼女が出演していたから。
Web配信はなかなか見られないのです。ごめんなさい。
いやぁな感じのオトコと一緒に現れたとき、バッグにマタニティマークがついていました。離婚したんじゃなかったっけ?誰の子!?
終演後に、ホンのちょっとだけ言葉を交わしていただきました。「いずみちゃんのファンの?」と覚えていてくださったのには驚き。岡村さんをオッカケているのを、岡村さんに嫌がられているのだろうなぁなどと……。
ジュンコとリサリサを久し振りに見ました。いいねぇ、かめりさも。

センパイ役の江幡朋子さん。あんな同僚がいたら和みます。そして、あのセンターには実際にいそう。
ザ・メールボーイの岡田昌宜さん。如何にもって感じ。終演後にハグしちゃいました。ものすごく真剣に役作りに励んだと伺いました。
奥村凜さんは怖かった。岡田さんは枠外の採用ということでした。それだけに、その岡田さんにつけ込む辺りが怖かった。コワイ女を好演。ご本人も怖いヒトかと思ってしまいました。(本当のところは??)
[PR]
by N-_-10 | 2015-08-16 20:00 | つぶやき


<< 2015年08月の読書 2015年07月の読書 >>