2017年06月の読書

6月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1524
ナイス数:46

未来へ・・・(上) (ハルキ文庫 あ 22-2)未来へ・・・(上) (ハルキ文庫 あ 22-2)感想
どうして新井素子のことが好きなのか、作品を読む度に自問し答が出ないのだけれどまた読んでしまう。今回もイライラしながら読みました。ステキな設定で、新井素子にしか書けないだろうけれど……何故かイライラ(笑)本作とは全く関係ないですが、神奈川県秦野市の「ミライエ」ってステキです。→http://www.city.hadano.kanagawa.jp/www/contents/1001000000150/index.html
読了日:06月04日 著者:新井素子
未来へ・・・(下) (ハルキ文庫 あ 22-3)未来へ・・・(下) (ハルキ文庫 あ 22-3)感想
文庫版書き下ろし特別短編「ここではない、でも、どこかにあるのかも知れない、いつか、どこか」のために本編があったのではないかと思えた。長い長い本編を読まずにこの短編を読んでも全然心に響かないだろうし、本編を読んだのみだと消化不良になりそう。単行本を買って読んで、文庫本に手を出さなかった方がカワイソウです。 【再掲】神奈川県秦野市の「ミライエ」ってステキです。→http://www.city.hadano.kanagawa.jp/www/contents/1001000000150/index.html
読了日:06月04日 著者:新井素子
puzzle (祥伝社文庫)puzzle (祥伝社文庫)感想
また読んでしまった。何度読んでもスッキリしません。
読了日:06月25日 著者:恩田 陸
訪問者 (祥伝社文庫)訪問者 (祥伝社文庫)感想
なんだかなぁっていう感じは今回も。う〜ん。
読了日:06月25日 著者:恩田 陸
私を知らないで (集英社文庫)私を知らないで (集英社文庫)感想
@suama_sweetnam 氏脚本・演出の #私を知らないで の観劇に誘われて原作本を手にしました。ボクは高野のようになりたいと思って過ごしてきた。なれただろうか。なれなかったから、ボクは黒田に共感できるのかもしれない。アヤ……魅力的です。http://ameblo.jp/kuromakuma/entry-12285580646.html?timestamp=1498001929
読了日:06月25日 著者:白河 三兎

読書メーター

[PR]
by N-_-10 | 2017-07-09 22:13


<< 2017年07月の読書 2017年05月の読書 >>