カテゴリ:つぶやき( 16 )

『わたしの、領分。』観劇記

8月15日(土)に、シアター風姿花伝にて「わたしの、領分。」を観てきました。当然ですが、岡村いずみさん目当てです。来年は大河ドラマ「真田丸」にも出演ということで、ますますのご活躍が期待できるところですが、その辺りのことは別途。

開演30分前に開場。舞台には既に友寄蓮さんがいました。
白いテーブルクロスがかかった台の上に座っています。真っ白な台の上に真っ白な衣装の彼女。彼女がマジパンで、テーブル周囲に散りばめられたカラフルな原色とりどりの積み木はカラースプレーの様でした。ゆっくり動いています。視線を絡ませられないかとも思ったのですが、流石演技中だけあって……。周囲の観客はボクほどは彼女のことを見つめていない様子。もしかしたらボクにしか見えていない?そんなはずはないのだけれど、小劇場の観客席という、ボクにとっての非日常と彼女のこの世のものとは思えない美しさにそんなことを思わされてしまいました。
暗転し開演。場面はカウンセリングルーム。どうやら就学前の子どもとその親が来ている様子。
ちょこちょこ場面が変わるのだけれど、彼女は終演直前までずっとそこに座っていました。
場面が変わるごとに他の子どもの役になります。ダブルキャストが話題の公演でしたが、彼女に限っては一人何役だったのだろう?子どもの役だけではなく、もう一人の主演者の心の姿をも演じていました。
最後までそこに座っていると思っていた彼女が、最後に立ち上がったときには驚き、舞台から引けたときには舞台だけでなく僕の心にもぽっかり穴が空いてしまったような気がしました。

もう一人の主演は最上瑠南さん。
アスペルガーの雰囲気のある自閉症スペクトラムな感じの臨床心理士を好演。どこにでもいそうな人を演じていました。
そう、どこにでもいるのです。「わたしの、領分。」のテーマは自閉症等の発達障害を疑われる子どもを持った親の戸惑いと発達障害・学習障害・精神障害に対する社会の誤解と受け取りました。相談を受ける側もが何らかの障害を持っているという設定から、観るものに様々なコトを考えさせました。
ボク自身メガネがなかったら生活できません。そういう意味では視覚障害者……視覚障害スペクトラムです。自閉症傾向も認めますし、記憶力については学習障害も持ち合わせているのではないかと自らを疑っています。……認知症の方が近いかも?

開演前からの演出とキャストの皆さんの好演などから、観客すべてが舞台に引き込まれていました。
電話の音で終演となりますが、はっきりと終わらないのは、物語がそのまま現実の世界につながっているというメッセージだったのかも知れません。

お目当てのいずみさん。
細いです!ビックリしました。食べるのが好きなんじゃありませんでしたっけ?
役作りのために普段から節制しているのか、様々な稽古のために消費カロリーがものすごいのかのいずれか。
どちらにしても、舞台・銀幕のために努力している姿が、彼女を応援したくなる大きな要因です。
コワイ事務員の役と聞いていたのですが、キレた原因は嬉しかった。
「空喰いの橋」でやったような役も見てみたいです。

いずみさんとWebで放送をしている亀田梨紗さん。YではなくXを選んだのは彼女が出演していたから。
Web配信はなかなか見られないのです。ごめんなさい。
いやぁな感じのオトコと一緒に現れたとき、バッグにマタニティマークがついていました。離婚したんじゃなかったっけ?誰の子!?
終演後に、ホンのちょっとだけ言葉を交わしていただきました。「いずみちゃんのファンの?」と覚えていてくださったのには驚き。岡村さんをオッカケているのを、岡村さんに嫌がられているのだろうなぁなどと……。
ジュンコとリサリサを久し振りに見ました。いいねぇ、かめりさも。

センパイ役の江幡朋子さん。あんな同僚がいたら和みます。そして、あのセンターには実際にいそう。
ザ・メールボーイの岡田昌宜さん。如何にもって感じ。終演後にハグしちゃいました。ものすごく真剣に役作りに励んだと伺いました。
奥村凜さんは怖かった。岡田さんは枠外の採用ということでした。それだけに、その岡田さんにつけ込む辺りが怖かった。コワイ女を好演。ご本人も怖いヒトかと思ってしまいました。(本当のところは??)
[PR]
by N-_-10 | 2015-08-16 20:00 | つぶやき | Trackback | Comments(1)

健康診断で……

 10日ほど前のことです。健康診断で農協系の検査機関に行ってきました。
 検査着に着替える際、お姉さんがついてきて、ロッカーやら検査着やらの説明をしてくれました。
 直前の方が、ボクとほとんど体格の変わらない方だったのに上下3Lを取ったのを見て、ボクとお姉さんは顔を見合わせてしまいました。「2Lで十分だと思いますよ」とおっしゃってくれたので、2Lの上衣を取った後、「足が短いから下はLにしよう」と言ったところ……。「下は短めに作ってあるから2Lで大丈夫ですよ」ですって。足の短いのは肯定してくれたのね。ありがとう、お姉さん。
[PR]
by N-_-10 | 2014-08-31 00:21 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

総選挙の開票が楽しみ

 公職選挙法に違反するような行為ではないと信じて投稿。
 でも、危ないので、写真も載せず、候補者氏名も政党も書きません。


 某日午後、ある候補者の選挙事務所近くを通りがかりました。

 入り口は引き戸なのですが、ピタッと閉ざされていました。冷房ががんがん効いていたのでしょうか。
 ガラス戸なのですが、ポスターが所狭しとはられていました。中の様子もうかがえません。
 なので、選挙公約について質問しようにも中に入りにくいです。ま、どうせ候補者は中にいないのでしょうけどね。

 この候補者が当選しても、国会で何をしているかなんて選挙区には報告もしないだろうし、一般市民からの陳情なんて聞く耳をもたないのだろうなぁ。
[PR]
by n-_-10 | 2009-08-30 20:00 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

統計の結果は、統計を取った人に都合のよい結果が出るのか?

 アンケートにしろ何にしろ、集計した<素>のデータをどういじって報告するかっていうのは、報告する人次第。だから、自分にとって都合のよい結果を報告するのが普通。
 大昔、○○コーラと◇◇◇コーラの2つを飲ませて、どちらが美味しいかを答えさせ、「ほぼ半数の方が◇◇◇コーラが美味しいと答えました」という◇◇◇コーラのCMがありましたが、これは無理がありすぎ(笑)

 この前(?_?)って思ったのがこれ。

c0093386_142102.jpg


  デジカメで撮ってきた画像をその液晶で見ているだけなので、細かい字が読めません。
 多分↓に同じ画像があると思うですが、Nと〜の環境では開けません。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kotu/kotuanzen/kotei/undou/undou.html

 何のことかというと、『高齢者(65歳以上の方)の交通事故の約74%は自宅から1km以内で起きている』ので、自宅近くでの事故に気をつけましょうというポスターを見つけてしまったという次第。婦警さんの格好をした女性(?)の絵が描かれております。

 ご自宅近くは油断しがち。ですから、ポスターの趣旨は理解できます。
 でも、この統計データをそのまま「自宅近くこそが危ない」と読み取らせようとしているとしたら……。意識して騙そうとしているにしても、知らずにポスターを作ったにしても大問題ではないかと思います。
 65歳以上の方々の行動範囲を統計していないのですから。

 65歳以上の方々全員の統計を取るのは不可能でしょうけれど、事故にあった方々だけでも取った上で、ポスターに小さい字であっても書いておくべきかと。
 生活圏がほとんど自宅付近という方もあれば、2km先の駅まででかけるのが当たり前という方もあると思います。人それぞれ。
 もしも、事故にあった方々のほとんどが、普段から自宅付近だけで生活しているとしたら、1km以上離れたところに行くときこそ注意するべきかと。

 でもねぇ。60代の方だったら1kmより離れたところに行くことも頻繁でしょうし、80代にもなれば遠出も減ってくるのではないかと……。年齢の切り方が中途半端なような気もします。
 遠くで事故にあった方は70代以下が多くて、近くは80代が多かったなんていう事実があったりしたらなおさら面白い(おかしい)です。
 1kmってのも中途半端ですよねぇ。ふぅ。
[PR]
by n-_-10 | 2008-11-03 14:15 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

友人席に座るということ

 昨日は友人カップルの結婚式。例によって「考えていません」が、つらつらとキーボードを叩いてみようと思います。というのは、「Nと〜さん、最近blog更新していませんね」と、隣に座った列席者にご指摘いただいたから。

 さて、友人カップル。
 友人と言っていいのかどうかはかなり疑問。ですが、友人席に座らせていただいたのだから、これからは堂々と「友達です」と言うことにします。新郎新婦の双方にお仕事でお世話になっているので、畏れ多くて「友達」などと気軽に言えないですけれど、免罪符をいただいた感じ。
 座席表には「新婦先輩」と紹介されていましたが、口頭では「友人」と言われていたので、そういうことでお願いします。さらに言うと、「新郎側がよいか新婦側か考えたのですが結論としては新婦側」と通告されました。『先輩』と書かれはしましたが、事実上人数調整。ま、確かに席は最上席のテーブル(の末席)でした。新郎側の主賓とバランスを考えるといい感じの人選であったと思われる新婦側。[Nと〜は員数会わせ]
 ダラダラ書きましたが、結論は【新郎新婦とNと〜は友人】です。えぇ、今後、誰が何と言おうとも「友人」扱いしていただきますし、Nと〜も彼らを「友人」扱いします。強調しておくと【新婦友人】ですから、正真正銘の新婦友人の皆様もどうかよろしくお願いいたします。

 で、席としては主賓が座るテーブルに交ぜていただいたわけですが、気分は「友人」でした。もしかしたら、『友人席に座る』のはもう最後かも知れません。そう思うとなんか複雑でした。きちんとした披露宴に出る機会もすっかりなくなってしまいましたから。

 お祝いに写真でも贈ろうと思って会場に早入り。会場周辺も撮りまくり!
 一眼レフを2台持ち込み。1台にはリバーサルをぶち込み、もう一台はデジタルカメラを貸してもらって戦闘準備。スナップ写真撮影はプロカメラマンに依頼済と聞いていたので気楽に参戦。
 目立つストロボを着けていったので、そのプロカメラマンに声をかけていただけました。沢山便宜を図っていただけてラッキー。
 36枚のリバーサルフィルムは昼間のうちに撮りきり、パトローネのまま新郎に。2次会はデジイチのみで撮影。デジタルデータも、メディアのまま新郎に渡して自由に加工してもらう予定だったのですが、《列席した同様な立場のもう一人》が「手を加えてCDかDVDに焼いてプレゼントしたい」とおっしゃったので、予定変更。データとメディアが新郎の手元に届くのはいつかなぁ。

 早入りしたので、結婚式前の写真も沢山撮影できました。新郎新婦の写真はもちろん、ご親族の皆さんの写真やお友達の写真も。Nと〜も撮ってもらえるとは思いもよりませんでした。早起きは三文の得?
 えぇ、正真正銘の「新婦友人」お二人も早入り。新郎新婦を囲んだ形で写真を撮ってあげるというプロカメラマンの声にこのお二人も大喜び。なぜか、[友友郎婦]の順に並んだので、カメラマンさんは[友郎婦友]の順がよいと指示。[友]のS原さんが反対側に回ろうとしたときに事件が!あぁ、Nと〜ってばカメラを持っていたのに撮影し損ないました。報道カメラマンの才能皆無でした。S原さんの名誉のため、詳細は伏せておくことにします。

 沢山の演出のあった披露宴。楽しく幸せな一時を過ごせました。
 二次会は新郎の職場の皆さんが用意なさったのだと思いますが、手作り感溢れる心のこもったパーティー。これまた居心地がよかったです。
 友人の立場で出席できる結婚披露宴やら二次会やらって気楽でよいです。「上司」とか「親」は大変だろうなぁ。
 昨日は、大変貴重な一日でした。ご招待くださったカップルには本当に感謝。

 書きたいことはまだまだあるのですが、書きすぎると不味いこともありそうですし、そもそも「更新していない」というご指摘を受けての更新ですからこの程度で。
[PR]
by n-_-10 | 2008-07-13 19:00 | つぶやき | Trackback | Comments(6)

土井隆雄宇宙飛行士帰国報告会会場で思ったこと

 昨日、土井隆雄宇宙飛行士帰国報告会に行ってきました。

 スペースシャトルの軌道高度は地上200kmちょっとだそうです。地球の直径が1万km以上あるわけですから、せいぜい直径の2%程度のところを飛んでいるのですね。地球儀を手に持って考えると、本当に地球の近くを飛んでいるんだなぁって思いました。土井さんが、「また宇宙に行きたいですか?」と聞かれ、「行きたい」「もっと遠くに」とおっしゃっていた気持ちも理解できなくありません。月はどのくらい遠いのでしょう。火星は?

 真鍋かをりさんも壇上にいらっしゃいました。天然なのか台本通りなのか、いくつものボケを披露してくださって、会場は大爆笑。
 ロシアのモジュールでパーティーをしたときの映像が映し出されていました。飛行士の皆さんが箸を持っています。土井さんが「みんなお箸の使い方が上手で、食べ物を落とさなかったんですよ」と紹介なさると、聴衆はクスクス。眞鍋さんてば「お箸の使い方も訓練にあるのですか?」とおっしゃり、会場大爆笑。土井さんが「無重力ですから……」と説明なさったら、「え、わかんなかったのは私だけ?」と椅子から立ち上がって赤面なさっていました。会場はさらに大受け。
 なんで「眞鍋かをりのココだけの話」にアップしないんでしょう。面白かったのに。

 さて、「無重力」っていう言葉が何度も使われていました。
 ISSもスペースシャトルも自由落下しているんですよね。無重力なのかなぁ?っていう疑問。釣り合いが取れている状態を無重力と言う?ま、あの中では「重力を感じない」のは確かだと思いますけど。
 空気抵抗などを無視するとして、大きな箱を高いところから地上に落とします。自由落下中は、その箱の中は『無重力』ということ?ISSもスペースシャトルも自由落下し続けているだけで同じことだと思うのです。

 会場は撮影禁止。しっかりアナウンスされていました。PRESS受付があって、報道関係者はしっかり腕章も着けていたようです。
 でもチェックは甘かったです。チェックする気がないのかなぁ?
 Nと〜のすぐ前にいた小学生男子とその父親。父親ってば壇上をデジカメで写真に撮っていましたよ。アナウンス放送の前に誰もいない、プログラム的なモノが映写されている状態を移したというのではなく、トークショーの真っ最中。父親は息子に何を伝えたかったのでしょう。土井さんのお話を聞かせたかったわけでもなく、宇宙開発のどーのこーのを感じてもらいたかったわけでもなく、「見つからなければ、咎められなければ何をしても大丈夫」ということを伝えたかったのでしょうか?
 ちなみに、壇上には土井さんの左右に眞鍋さんと毎日新聞社の斗ヶ沢科学環境部長がお座りでしたが、お父さんのデジカメ液晶画面には土井さんと眞鍋さんしか映っていませんでした。

 撮影の件。実はNと〜も撮影したいなぁって思っていました。ダメだろうと思ってはいたのですが、OKだったときに後悔するので機材持ち込み。アナウンスを聞いて諦めたのですが、この父親の姿を見て悔しくなりました。
 悔しくなってからちょっと考えました。「どうして撮影したいのだろう?」と。
 記録欲でしょうか?収集・所有欲?blogにupして報告するための資料?そんなことを考えていたら、壇上を撮影することがバカらしく感じられました。自分の記憶に残しておけば十分でした。他の人に見てもらうのは報道関係者に提供していただけば十分。

 報告会聴衆へのお土産として、各種パンフレットと絵はがき、団扇、ピンバッチ、ワッペンをいただきました。ブーメランは入っていませんでした。
[PR]
by N-_-10 | 2008-05-11 11:11 | つぶやき | Trackback | Comments(2)

数学の教材のこと

 こんなことを書き始めたのは、部屋の片隅に置いてあって埃をかぶっている「空間座標の模型」を捨ててしまいたかったから。再び作ろうと思ったときに、「数学教室の2006年12月号に型紙が載っている」ということを、ここに書いておけば忘れてしまっても大丈夫だろうという発想から。
 だから、以下の長い文は、本当はおまけに過ぎない。


 のどの渇いていない馬に水を飲ませることが難しいように、好奇心のない者にモノを教えるのも難しい。なんとか興味を持たせようと様々な工夫をする。授業で扱っていることが実社会でどれだけ役に立っているかを切々と説く。人類の文化遺産で現代社会を生きる人間の誇りとして当然知っていなくてはならないと話す。
 結局のところ、Nと〜の今までの経験では、(計算練習であってもよいから)生徒に作業をさせるのがよいという結論に落ち着いている。先生の話しを聞いているだけでは欠伸が出てしまうのは、なにも高校生ばかりではなく、退屈な講師の講演会などでは立派な大人が鼾をかいていることもある。

 学校図書館は安易な方向に走っていて、とにかく図書室に生徒を呼ぶためには何でもするという姿勢。ファッション雑誌がありマンガがあり……。個人では購入できないような高価な書籍や雑誌などこそ購入し所蔵してもらいたいものだが、貸し出し数を伸ばすにはベストセラー類を持たなくてはならない。こんなところにも成果主義の悪影響があるように感じてならない。

 理科の授業で実験をすると、それがレポートを伴わない演示実験だったりするとなおさら生徒は目を輝かせて食いついてくる。理科の教員の腕の見せ所は、演示実験をただのパフォーマンスに終わらせず、いかに授業内容につなげていくか(または授業内容のまとめとして定着させるか)にあるかと思う。面白い実験だったという感想しか残らないようでは、学校図書館に安易にマンガを所蔵する司書と同じ。Nと〜の近くでは横浜物理サークルが熱心に活動している。

 数学も負けてはいない。Nと〜のお気に入りは日数教ではなくて数教協。雑誌『数学教室』や各地の研究会、全国研究大会などで様々な事例報告がなされていて刺激を受けている。

c0093386_23342639.jpg

 これは『数学教室』2006年12月号に載っていた空間座標の模型。愛知県の中村さんが報告なさっている。Nと〜は数学Bでベクトルに入る直前の試験返却時に時間を取って生徒に作らせた。すき間時間になりがちな返却時を巧く活用して次の単元への興味を引き出せた……とまでは言えないけれど。空間をイメージさせるにはZOMETOOLも素敵。カラフルで虚仮威しにはもってこい。

 同じく『数学教室』で紹介されていた「モンティホールジレンマ」は、最近どこかのブログだか掲示板だかでも取り上げられていた。中学校の確率を勉強した後で扱ってもよいけれど、高校での確率の導入で取り上げても面白いと思う。単元終了後に(すき間時間で)取り上げてもよいけれど、それが試験前だったりするとCだのPだのの計算をみんな忘れてしまいそう。
 オリジナル形は3つの中から1つを選ぶというモノだけれど、以下のように4つから1つを選ぶという形も、どこかで話題になっていた。
c0093386_23364852.jpg

 この場合、Drawfourが当たり。
c0093386_2338286.jpg

 伏せてある4枚から2枚を選びます。
c0093386_23385099.jpg

 親は、選ばれた2枚を確認し、どちらか一方の外れをオープンします。
c0093386_23401391.jpg

 このとき、伏せられたままの3枚のうち、どれを選ぶのが有利でしょうか?

 オリジナル形を理解したつもりになっている人でも間違えることがある。オリジナル形をただ「面白い」と扱っているとこの形であっさり引っかかる。

 どんな作業や実験でも「面白かった」で終わってしまってはいけないので、普通の授業の何倍ものエネルギーが必要。
 この『何倍ものエネルギー』の件と『学校図書館』の件は別の機会に掘り下げたいと思っている。
[PR]
by N-_-10 | 2007-07-27 23:56 | つぶやき | Trackback | Comments(4)

mixi抜けました

 mixi抜けました。
 mixiでおつき合いのあった方でここまでいらしてくださった方、非公開コメントで結構です。《足あと》をください。
[PR]
by n-_-10 | 2007-07-01 11:52 | つぶやき | Trackback | Comments(4)

元禄文化≒バブル期の文化?

 不勉強なまま書いてしまうという冒険。
 今は化政期に似ているのか?次に来るのは維新か?と思ったという話。

 よく躾けられたNと〜(笑)には間食の習慣がなかったのですが、周囲の影響か、最近は口がさみしくなったときにアーモンドチョコレートを食べる様になってしまいました。いつも決まってA社のアーモンドチョコレートを購入していたのですけれど、先日浮気をしました。B社のアーモンドチョコレートが横に並んでいたのです。A社に較べてちょっと高い。でも、一度に両方を買ってしまいました。

 2種類のアーモンドチョコレートを食べ比べました。あれ?味が違う。全然違う!B社の方が断然旨い!!同僚にも食べ比べてもらいましたが、みんな同じことを言います。

 A社は158円でB社は168円。
 バブル期だったらこの10円の差は誤差のうちだったでしょうね。Nと〜も「旨いんだからB社」と言っていたに違いありません。
 でも、今はちょっと考えてしまいます。個人的な小遣いの額の問題なのでしょうが、こんな出来事から、【バブル期≒元禄期?】という連想が生まれました。すると今は【文化・文政】でしょうか?
 次に来るのは?

 江戸幕府に不満があっての明治維新だったのか、外圧があってこその明治維新だったのか。Nと〜は全然わかりませんが、「歴史は繰り返す」という言葉を思い出して肝が冷えました。



【大手製菓会社】
 森永
 明治製菓
 LOTTE
 江崎グリコ


 ごめんなさい。化政文化ってどんな文化か知らずに書きました。
 職場の先輩に上記の話をしたら「そうだねぇ」とおっしゃってくれたので書いてみました。
[PR]
by N-_-10 | 2006-12-11 22:04 | つぶやき | Trackback(1) | Comments(0)

人に嫌われるが怖い

 きっとみんなそうなんでしょうね。人に嫌われるのが怖い。
 Nと〜だってできることならば嫌われずに済ませたいです。

 娘が悪いことをしました。されたおばあちゃんは叱れません。
 子どもが悪いことをしたらすぐに叱らなくてはなりません。後になってから叱っても何を叱られているかわからないからです。この点、犬などのしつけと一緒かも知れません。
 今日はすぐに叱られなかったために状況がものすごく複雑になってしまいました。
 お願いだよおばあちゃん。孫を叱ってよ。きちんと叱ってくださいよ。
 どんなに強く叱っても、孫はおばあちゃんのことが大好きだから。

 教員も、生徒に嫌われることを恐れてはいけません。
 悪いことは悪いのだと言わなくてはなりません。
 あらためて心に刻みました。

 ついでに言うと、……。
 高校生くらいになると叱り方も難しいです。犬よりは進化しているから(笑)
 叱られなくても、あとで自分の力で反省できるケースがあります。
 反省しているときには、上手に謝れるようにチャンスを作ってやらなくてはなりません。
 悪いことの内容・程度とタイミングの問題ですね。もちろん、それらが同じでも、やっちまった人にも個性がありますから一様というわけには行きません。
 難しくて、でもやりがいがありますね。
[PR]
by N-_-10 | 2006-09-30 22:38 | つぶやき | Trackback | Comments(4)