<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

統計の結果は、統計を取った人に都合のよい結果が出るのか?

 アンケートにしろ何にしろ、集計した<素>のデータをどういじって報告するかっていうのは、報告する人次第。だから、自分にとって都合のよい結果を報告するのが普通。
 大昔、○○コーラと◇◇◇コーラの2つを飲ませて、どちらが美味しいかを答えさせ、「ほぼ半数の方が◇◇◇コーラが美味しいと答えました」という◇◇◇コーラのCMがありましたが、これは無理がありすぎ(笑)

 この前(?_?)って思ったのがこれ。

c0093386_142102.jpg


  デジカメで撮ってきた画像をその液晶で見ているだけなので、細かい字が読めません。
 多分↓に同じ画像があると思うですが、Nと〜の環境では開けません。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kotu/kotuanzen/kotei/undou/undou.html

 何のことかというと、『高齢者(65歳以上の方)の交通事故の約74%は自宅から1km以内で起きている』ので、自宅近くでの事故に気をつけましょうというポスターを見つけてしまったという次第。婦警さんの格好をした女性(?)の絵が描かれております。

 ご自宅近くは油断しがち。ですから、ポスターの趣旨は理解できます。
 でも、この統計データをそのまま「自宅近くこそが危ない」と読み取らせようとしているとしたら……。意識して騙そうとしているにしても、知らずにポスターを作ったにしても大問題ではないかと思います。
 65歳以上の方々の行動範囲を統計していないのですから。

 65歳以上の方々全員の統計を取るのは不可能でしょうけれど、事故にあった方々だけでも取った上で、ポスターに小さい字であっても書いておくべきかと。
 生活圏がほとんど自宅付近という方もあれば、2km先の駅まででかけるのが当たり前という方もあると思います。人それぞれ。
 もしも、事故にあった方々のほとんどが、普段から自宅付近だけで生活しているとしたら、1km以上離れたところに行くときこそ注意するべきかと。

 でもねぇ。60代の方だったら1kmより離れたところに行くことも頻繁でしょうし、80代にもなれば遠出も減ってくるのではないかと……。年齢の切り方が中途半端なような気もします。
 遠くで事故にあった方は70代以下が多くて、近くは80代が多かったなんていう事実があったりしたらなおさら面白い(おかしい)です。
 1kmってのも中途半端ですよねぇ。ふぅ。
[PR]
by n-_-10 | 2008-11-03 14:15 | つぶやき | Trackback | Comments(0)