<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パターンの練習

 知人に『初心者でも今すぐできる!読まれる文章の書き方12のコツ』を紹介してもらいました。
 これは、パターンを書く練習にもってこいではないか?と思い、書き直してみました。ご意見・ご助言を賜れれば幸いです。
 パターンについてはこちらの井庭先生のblogへどうぞ。

初心者でも今すぐできる!読まれる文章の書き方12のコツ をパターンに(パターンを書く練習)

1 「何を伝えたいのか?」を1つに決める
【状況】
 文章を書いている途中で「あれ、えーと何が言いたかったんだっけ?」と迷路に迷い込む。
【問題】
 文章を書く目的がはっきりしていない。
【解決】
 その文章で何を伝えたいのか1つ決め、それを伝えるために全力をつくす。

2 「読む価値ありそう」と思われる見出しを
【状況】
 見出しつきの多くの文章から、自分の文章を選んで読んでほしい。
【問題】
 多くの読者はまず見出しだけを読み、その後を読むかどうか判断している。
【解決】
 その文章に内在する価値が一発でわかる見出しを付ける。

3 書きやすいところから書き始める
【状況】
 文章の出だしが上手く書けない。
文章を書いている途中で行き詰った。
【問題】
 最初から順番に書くことにこだわっていると、上手く書けない場合が多々ある。
【解決】
 自分が書きやすいところから書き始め、後で順番や前後の整合性を整える。

4 最初は思いきり自由に書く
【状況】
 最初からきれいに整えて書きたい。
【問題】
 整った文章を書こうとすると、なかなか進まない。
【解決】
 まずは思いきり自由に書いて、一通り全部できてから無駄を削ぎ落とす。

5 「主張・理由・結論」で1段落
【状況】
 文章の構成を上手く作れない。
【問題】
 構成がスッキリせずわかりにくい。
【解決】
 1つの段落を(1)主張(2)理由(3)結論の3つで構成する。

6 1文を短めに
【状況】
 1文が長い。
【問題】
 文章がわかりにくい。
【解決】
 文が短くシンプルになるよう心がける。

7 接続詞は意外といらない
【状況】
 「なぜなら」「なので」「しかし」などの接続詞を多用してしまう。
【問題】
 接続詞のためにリズムが悪くなっている。
【解決】
 「本当にこの接続しいるのかな?」と疑うクセをつける。

8 漢字を使い過ぎない
【状況】
 漢字を使いすぎている。
【問題】
 文章がかた苦しくて読みづらい。
【解決】
 適度にひらがなにする。

9 同じ語尾を続けない
【状況】
 同じ語尾を使いすぎている。
【問題】
 文章が単調な感じになっている。
【解決】
 同じ語尾を続けるのはせいぜい2回程度にとどめて、できるだけ語尾を変える。

10 批判と中傷を区別する
【状況】
 中傷文は、読者にも大きな不快感を与える。
【問題】
 中傷を読んで不快感を覚えただけで、読むのをやめる人がいる。まともに文章を読んでくれなくなる。
【解決】
 何かを批判するとき、中傷にならないように気をつける。

11 無駄をできるだけ削ぎ落とす
【状況】
 文章に無駄な箇所がある。
【問題】
 なくてもちゃんと伝わる部分や、回りくどい言い方がある。
【解決】
 一通り文章が書けたら、無駄な箇所を削ぎ落とす作業をする。

12 「流し読み」でも理解できるかどうか確認する
【状況】
 大体の読者は「流し読み」をしている。
【問題】
 流し読みでは意味がわかりにくい。
【解決】
 自分の文章を、サーッと流し読みして確認する。


ーーーーー以下がオリジナルですーーーーー

初心者でも今すぐできる!読まれる文章の書き方12のコツ
文章術

一昔前と比べて、私たちが文章を書く機会は圧倒的に増えました。
ネットが普及し、個人が「情報発信の場」を持つのが当たり前になったからです。
ブログやmixi、ツイッター、フェイスブックなどをやっていれば、必ず文章を書くことになります。
しかし自分の文章がなかなか読まれなかったりうまく伝わらなかったりして、悩んでいる方もいると思います。
そこで今回は「読まれる文章の書き方12のコツ」をご紹介したいと思います。
高等技術を省き、できるだけ文章初心者の方でもすぐ使えるようなコツに絞ってまとめました。

1. 「何を伝えたいのか?」を1つに決める
文章には必ず「それを書く目的」があります。
目的をハッキリさせておかないと、途中で「あれ、えーと何が言いたかったんだっけ?」と迷路に迷い込んでしまいます。
そのような文章は読む側も「結局何が言いたいのか分からん!」となります。
まずは「今回の文章で自分は何を伝えたいのか?」を1つに決めましょう。
それを伝えるために全力を尽くすのです。

2. 「読む価値ありそう」と思われる見出しを
多くの読者はまず見出しだけを読み、その後を読むかどうか判断しています。
見出しを読んで、「お、これは読む価値がありそうだな」と思えば続きを読んでくれます。
「読む価値無さそう」「つまんなそう」と思えばスルーします。
特に今は忙しい人が多いので、読む価値があるかどうかも分からない文章を辛抱強く最後まで読んでくれる人はあまりいません。
「この文章にはこういった価値があるんですよ!」ということが、見出しで一発で分かるようにしましょう。
ツイッターなど見出しが無い場合は、文章の出だしが重要です。

3. 書きやすいところから書き始める
最初から書くことにこだわっていると、うまく書けない場合が多々あります。
文章には「最初から順番通りに書かねばならない!」なんてルールは存在しません。
まずは自分が書きやすいところから書いていきましょう。
後で順番や前後の整合性を整えれば大丈夫です。

4. 最初は思いきり自由に書く
最初から綺麗に整えて書こうとすると、なかなか進みません。
まずは思いきり自由に書いてみて、一通り全部できてから無駄を削ぎ落とす。
そうした方がスムーズに文章が書けます。

5. 「主張・理由・結論」で1段落
1つの段落を
(1)主張
(2)理由
(3)結論
の3つで構成すると、スッキリして分かりやすくなります。
<例>
ダイエットの成功は、「習慣」にかかっています。[主張]
人間は普段、習慣に依存して生活しています。今理想の体型が維持できていないのなら、それはそれにふさわしい習慣で生活をしていないということなのです。[理由]
習慣を上手に変えることができれば、ダイエットは成功したも同然といえるでしょう。[結論]


6. 1文を短めに
1文を長くすると分かりにくい文章になってしまいます。
できるだけ短くシンプルになるよう、心がけましょう。
<悪い例>
綺麗に痩せるためには食事・運動・睡眠全てが必要(1つでも欠ければ、健康を損なうから)なので、美しく痩せることを目指すならまず健康的な生活を心がける必要があります。

<改善案>
綺麗に痩せるためには食事・運動・睡眠全てが必要です。
1つでも欠ければ、健康を損ないますからね。
美しく痩せることを目指すなら、まず健康的な生活を心がけましょう。

7. 接続詞は意外といらない
「なぜなら」「なので」「しかし」などの接続詞って、意外といらない場合が多いです。
<例>
美しく痩せるためには食事・運動・睡眠全てが必要です。
(なぜなら)1つでも欠ければ、健康を損ないますからね。
(なので)美しく痩せることを目指すなら、まず健康的な生活を心がけましょう。
この場合は無くても意味が通じますし、あるとリズムが悪くなります。
無駄な接続詞を減らすために、「本当にこの接続詞いるのかな?」と疑うクセをつけましょう。

8. 漢字を使い過ぎない
漢字を使い過ぎると、かた苦しくて読みづらい文章になってしまいます。
適度にひらがなにすると読みやすくなります。


9. 同じ語尾を続けない
同じ語尾を続けると、単調な感じになってしまいます。
続けるのはせいぜい2回程度にとどめて、できるだけ語尾は変えましょう。

<悪い例>
そもそも完璧主義者はダイエットに失敗しやすいです。
全て計画通りに生活できる人なんていないのです。
時には自分を許してあげることもダイエットには必要です。

<改善案>
そもそも完璧主義者はダイエットに失敗しやすいでしょう。
全て計画通りに生活できる人なんていないのですから。
時には自分を許してあげることもダイエットには必要です。

10. 批判と中傷を区別する
もし何かを批判するときは、批判と中傷を必ず区別しましょう。
批判ではなく中傷をしてしまった場合、読者に大きな不快感を与えます。
それだけで読むのをやめてしまう人や、まともに文章を読んでくれなくなる人が増えるでしょう。

11. 無駄をできるだけ削ぎ落とす
一通り文章が書けたら、無駄な箇所を削ぎ落とす作業をします。
「これが無くてもちゃんと伝わるな」とか「この言い方は回りくどいな」という部分を削っていきましょう。


12. 「流し読み」でも理解できるかどうか確認する
文章を書く時って、つい「読者は自分の文章を1字1句丁寧に読んでくれる」という前提で書いてしまいがちです。
しかし現実は違います。大体の読者は「流し読み」をしているのです。
自分の文章を確認する時に、サーッと流し読みをしてみましょう。
そして流し読みでも意味が分かりやすいのなら、それは読まれやすい文章だと判断できます。


反省点がいっぱい・・・

以上、「読まれる文章の書き方12のコツ」でした。
[PR]
by N-_-10 | 2013-02-11 16:25 | Trackback | Comments(0)

2013年 1月の読書

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1815ページ
ナイス数:38ナイス

魔笛 (講談社文庫)魔笛 (講談社文庫)感想
帯には「圧倒的なスピード感」とあったけれど……。面白かったと言えば面白かったけれど、……。オウムに潜入していた公安警察官っていたのかなぁ?
読了日:1月6日 著者:野沢 尚
ロング・ロング・アゴー (新潮文庫)ロング・ロング・アゴー (新潮文庫)感想
大人は切なくなれると思います。「文庫版のための後書き」にあるとおり、子どもには難しいかも。別れを重ねるだけ大人になれるのでしょうね。p。177の「あなた自身の今の友だち中で、小学校の頃の友だちって何人いますか?年賀状だけとか、そういうのは抜きですよ。ふだん一緒に遊びに行ったり食事に出かけたりする相手……いますか?いないでしょ?」……ごめん。います。聞かれているのはアラサー女子。ボクとは年齢が違いますが、ボクは地元を離れていますが、年に何回かですが会っています。これって幸せですね。
読了日:1月14日 著者:重松 清
創造力なき日本    アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 (角川oneテーマ21)創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 (角川oneテーマ21)感想
著者のお薦め通り、4→2→対談→1→3→5と読みました。前から順に読んだらどんな感じなのでしょう?これから読み返しますが、読む順序によって感じ方が変わったら面白いです。「戦略の練り方」が面白かったです。
読了日:1月14日 著者:村上 隆
ふがいない僕は空を見た (新潮文庫)ふがいない僕は空を見た (新潮文庫)感想
https://twitter.com/mie_1225/status/291863493274124289 ←に触発されて購入。5つの短編連作。「ミクマリ」は『女による女のためのR-18文学賞』大賞受賞作だけあって過激。残り4編も《エロ?》と思いました。折角買ったのに読まないのはもったいないので読み進めましたが、《エッチだけれど爽やか》な不思議な感じが残りました。「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」の冒頭のシーンはネットの世界と現実の世界をどうつなげたらいいかわからない自分の気持ちを代弁しているような感じも。
読了日:1月22日 著者:窪 美澄
走れ! T校バスケット部8走れ! T校バスケット部8感想
悪人が出てこないので安心して読めます。読んでいて幸せな感じになれて嬉しい。他にやるべきことがあるのについつい読んじゃいました。
読了日:1月26日 著者:松崎 洋
選ぶ力 (文春新書 886)選ぶ力 (文春新書 886)感想
一章の「いまを選ぶ力」以外は健康と死について書かれているように受け取りました。う〜〜ん、って感じ。もっと面白いと期待していただけに残念。後書きで「聞く力」(阿川佐和子)の姉妹編としての本書ということを匂わせています。そっちも読むつもりです 。
読了日:1月28日 著者:五木 寛之

読書メーター
[PR]
by N-_-10 | 2013-02-01 04:35 | Trackback | Comments(0)