<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013年 2月の読書

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3664ページ
ナイス数:62ナイス

和菓子のアン (光文社文庫)和菓子のアン (光文社文庫)感想
初めての坂木作品です。他の作品も読みたいと思いました。 短編連作集……と言うより読み切り連載ですね。事実「ジャーロ」に連載されたものだそうです。 一編一編のナゾが解けると、心がほんわか温かくなる感じ。登場人物に悪人がいないのもステキです。流石読書メーターで2011年「心に残った本」ランキング第1位。
読了日:2月3日 著者:坂木 司
双月高校、クイズ日和 (講談社文庫)双月高校、クイズ日和 (講談社文庫)感想
浜村渚さんよりも読みやすいかも。 @aoyagi_ さんって守備範囲が広いですね。イイ感じの青春小説でした。p.234あたりでの旧友との訣別・和解で泣かされ、p。342でもう一組の和解にも泣かされました。p.310に続くp。274のエピソード。青春の匂いってボクにも思い出せます。p.349でも、高校時代の仲間ってこんな感じだったかなぁとノスタルジー感いっぱいです。解説に出てくるウルトラクイズも懐かしいです。リバイバルしないかなぁ〜〜。 読後感大変爽やか。オススメです。
読了日:2月5日 著者:青柳 碧人
タマゾン川   多摩川でいのちを考えるタマゾン川 多摩川でいのちを考える感想
@RiverRanger7 さん著。外来種が在来種を脅かす状態を紹介している本だと思って手に取ったのですがそうではありませんでした。もっと深いです。本書末に『みんなが「多摩川はわたしの川なんだ」と思えば、ひとりひとりがこうやっていのちを感じれば、きっと変わる』とあります。川の汚染・外来魚の脅威に限らず、様々な環境問題、さらにはありとあらゆる人間社会の問題に対して、一人ひとりが当事者意識を持つことが大切なんだというメッセージを受け取りました。
読了日:2月5日 著者:山崎充哲
ハング (中公文庫)ハング (中公文庫)感想
読み終えてから、細部にちりばめられていたはずの伏線を探し出したくなります。流石誉田さん。ボクはまずp.306へ。5行目の「あの男」って誰だ?
読了日:2月11日 著者:誉田 哲也
誘拐 (双葉文庫)誘拐 (双葉文庫)感想
最後の最後まで動機がわかりませんでした。ところどころ「なんで?」と思う場面がありましたが、最後に理解できました。残っている疑問は「警視庁の捜査一課長って千葉県警本部長より偉いの?」ということともうひとつ。お手元にこの本をお持ちの方は、p.294あたりからをご参照ください。もう一つの方はネタバレになるので伏せておきます。
読了日:2月23日 著者:五十嵐 貴久
タンタンの事件ファイル 横浜「佐藤さん」殺人事件 (小学館文庫)タンタンの事件ファイル 横浜「佐藤さん」殺人事件 (小学館文庫)感想
@kujira1016 さんの作品はいつも安心して読めます。「みなとみらいで……」も本作も横浜が舞台なんですが、横浜にお住まいなんですか?
読了日:2月23日 著者:鯨 統一郎
今宵、バーで謎解きを (光文社文庫)今宵、バーで謎解きを (光文社文庫)感想
@kujira1016 さん作品まとめ読み第2弾。油断していたら沢山の未読本ができてしまいました。阿刀田高の「ギリシア神話を知っていますか」をあわせ読むとよいかも???
読了日:2月23日 著者:鯨 統一郎
山内一豊の妻の推理帖 (光文社文庫)山内一豊の妻の推理帖 (光文社文庫)感想
@kujira1016 さん作品まとめ読み第3弾。中3の娘には読ませにくいなぁ。折角面白いのに。清水義範の「山内一豊の隣人」をあわせ読むともっと楽しめるかも? http://kotodomo.exblog.jp/8683893/
読了日:2月23日 著者:鯨 統一郎
RDG4 レッドデータガール    世界遺産の少女 (角川文庫)RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (角川文庫)感想
段々と謎が解けてきました。次の5巻で完結でしたっけ?楽しみです。
読了日:2月23日 著者:荻原 規子
憲法九条を世界遺産に (集英社新書)憲法九条を世界遺産に (集英社新書)感想
非戦が大切だから憲法九条を守ろうというのではなく、憲法九条があるから日本国民は考える。これを変えてしまったら、普通の国になるというだけでなく、国民が考えなくなってしまうという視点。(のように読み取れました) 奇跡のような偶然が作った日本国憲法を世界遺産という話に納得できてしまいました。 ドンキホーテとサンチョパンサ。なるほどねぇ。ドンキホーテ、いいじゃないですか!
読了日:2月25日 著者:太田 光,中沢 新一
理系クン (文春文庫)理系クン (文春文庫)感想
思い当たることが沢山あり、大笑いしながら読みました。いい女性に巡り会えてよかったですね。
読了日:2月27日 著者:高世 えり子

読書メーター

[PR]
by N-_-10 | 2013-03-01 05:48