<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013年 3月の読書

2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:725ページ
ナイス数:22ナイス

哲学探偵 (光文社文庫 く 10-11)哲学探偵 (光文社文庫 く 10-11)感想
2013年春の鯨統一郎祭の最後を飾ったのは本作。 @kujira1016 氏の幅広い教養を感じさせられました。「哲学探偵」というより「競馬探偵」かも?競馬場であんな話をする警察官が実在したらイヤだなぁ。
読了日:3月1日 著者:鯨統一郎
ハーフでいっとこ 3 (バンブーコミックス WIN SELECTION)ハーフでいっとこ 3 (バンブーコミックス WIN SELECTION)感想
@hayakogotoさんの新刊?行きつけの本屋さんが気を利かせて取り置いてくれました。2巻は買ったかな? 安心して読めます。ホタルのホテル、モデルはどこでしょう?金時山には金時神社から登ったのかなぁ?そんなコトばかり考えてしまいます。
読了日:3月9日 著者:後藤 羽矢子
ことばと思考 (岩波新書)ことばと思考 (岩波新書)感想
難解な部分が無くスムースに読み進められました。氷面だけしか理解できていないかも?自分が「こうなんじゃないかなぁ」と思っていたことを、先人が既にきちんと研究していたということに驚きと喜びを感じました。読了直後に近著「ことばの発達の謎を解く」 http://book.akahoshitakuya.com/b/4480688935 を購入。読み始めるのが楽しみです。
読了日:3月14日 著者:今井 むつみ
自由と規律―イギリスの学校生活 (岩波新書)自由と規律―イギリスの学校生活 (岩波新書)感想
どなたかがtwitterだかfacebookでご紹介なさっていたのを見て購入しました。小泉信三氏の序文に「手から離さず読み了へた」とあります。眉につばをつけていましたが、ほとんどそのとおりでした。60年以上前に書かれた本で、今は使われない言い回しが多かったですが、それが気にならないくらい夢中になって読めました。「旧制高校への憧憬?」みたいに感じる部分もありましたが、パブリックスクールと旧制高校は似て非なる物とよくわかりした。ノブレス・オブリージはこのように育てられ継承されるものなのかと感激しました。
読了日:3月20日 著者:池田 潔

読書メーター

[PR]
by N-_-10 | 2013-04-01 06:00 | Trackback | Comments(0)