<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2014年10月の読書

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2030ページ
ナイス数:29ナイス

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)感想
守屋淳氏のバイアスがかかっているからかも知れないけれど、現代でも十分に通用するお話し。あえて原典に当たらずに読んだつもりになっていよう。 p.73より。「悪い習慣を多く持つと悪人となり、よい習慣を多く身につけると善人になる」習慣は大事。よく心に留めておこう。そして行動しよう。
読了日:10月1日 著者:渋沢栄一
ドミトリーともきんすドミトリーともきんす感想
ブックガイド。朝永振一郎2冊、牧野富太郎2冊、中谷宇吉郎2冊、湯川秀樹4冊、Gガモフ1冊。(+盆踊りガイド) こんなアパートに住んでみたいとは思います。
読了日:10月13日 著者:高野文子
復讐の戦闘機(フランカー)〈上〉―スクランブル (徳間文庫)復讐の戦闘機(フランカー)〈上〉―スクランブル (徳間文庫)感想
玲蜂の潜入コスチュームを見てみたいなどと……
読了日:10月13日 著者:夏見正隆
復讐の戦闘機(フランカー)〈下〉―スクランブル (徳間文庫)復讐の戦闘機(フランカー)〈下〉―スクランブル (徳間文庫)感想
集団的自衛権よりも先に整備しなければならない法律があるのじゃないかと、娯楽小説を読んで考えさせられました。
読了日:10月13日 著者:夏見正隆
幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)感想
前半はともかく、後半は面白く感じた。「お疲れ様禁止」は賛成。でも、口癖になってる。便利だもん。
読了日:10月13日 著者:前野隆司
忘れないと誓ったぼくがいた (新潮文庫)忘れないと誓ったぼくがいた (新潮文庫)感想
単行本の表紙は写真なのに何故文庫は絵?内容からすると絶対に写真がいいはず。2015年公開で映画化とのこと。(←秦野でロケですって)滅茶苦茶楽しみ。初恋の相手と結婚したという方以外の全ての男性が共感できると思う。あのときの彼女は消えてしまっているでしょ?あずさとは違う意味でだけれど。ボク達はみんなタカシの分身だ。amazonで購入。どうしてこんな面白い本がまだ第一刷?みんな買ってないの?増刷かかっていないのが不思議です。 #hadano
読了日:10月13日 著者:平山瑞穂

読書メーター
[PR]
by N-_-10 | 2014-11-25 05:10