人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2022年10月の読書

10月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:984
ナイス数:24

降格警視2 (徳間文庫 あ 38-11)降格警視2 (徳間文庫 あ 38-11)感想
@Adachi_O1958 @adachib 錦戸さんが段々と人間味溢れる方の様に感じられるようになりました。4編ともちょうどいい長さで、気楽に読めました。「女子高生誘拐」が一番ドキドキハラハラ。「落選候補者の悲哀」では離婚できてよかったね。
読了日:10月10日 著者:安達瑶
あいまいな会話はなぜ成立するのか (岩波科学ライブラリー)あいまいな会話はなぜ成立するのか (岩波科学ライブラリー)感想
会話は助け合いである中「強調の原理」って本当かな?きっと本当だろうな。そして何故か話はシナプスの話まで。取っ付きやすいけれどすごく難しい。
読了日:10月19日 著者:時本 真吾
ドアを開けたら(祥伝社文庫 お23-2)ドアを開けたら(祥伝社文庫 お23-2)感想
ナゾがどんどん増えてくる。主人公格の2人の関係性の変化が面白い。マンションの管理人って大変だろうなぁ。
読了日:10月22日 著者:大崎 梢
“正しい”を疑え! (岩波ジュニア新書 957)“正しい”を疑え! (岩波ジュニア新書 957)感想
p.6:「話してもわからない」からこそ、互いの妥協点をみつけるためにしっかりと話し合うp.67:コミュニケーションの第一歩は……相手の話を聞きます。その他、ヒントが山盛り。クリスティも読まなくちゃ!
読了日:10月25日 著者:真山 仁

読書メーター

# by N-_-10 | 2022-11-01 22:01 | Trackback | Comments(0)

2022年09月の読書

9月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:615
ナイス数:21

女子的生活 (新潮文庫)女子的生活 (新潮文庫)感想
面白かった。みきのご両親がステキ。マナミが意外といいコでビックリ。ドラマも見たかった。( https://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=4670 )
読了日:09月04日 著者:坂木 司
学校に居場所カフェをつくろう! ──生きづらさを抱える高校生への寄り添い型支援学校に居場所カフェをつくろう! ──生きづらさを抱える高校生への寄り添い型支援感想
そもそも居場所カフェとは?目的は何だろう。形態はどのようなものがよいのだろう。持続するために必要なことは何だろう。色々なものがあることはわかったけれど、……。大人のための居場所カフェになってはならない。学校に居場所カフェを作るとして、ただでさえ疲弊している学校の職員に負担をかけてはならない。難しいですね。
読了日:09月30日 著者:居場所カフェ立ち上げプロジェクト

読書メーター

# by N-_-10 | 2022-10-02 18:45 | Trackback | Comments(0)

2022年08月の読書

8月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1787
ナイス数:26

脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)感想
人間の行動も所詮は反射の連続だと思っている。こびとの存在は何となくわかったつもり。p.223からp.224にかけて。やっぱりボクは死にそうです。いつか再読しなくちゃ。
読了日:08月07日 著者:前野 隆司
ことばと算数 その間違いにはワケがある (岩波科学ライブラリー312)ことばと算数 その間違いにはワケがある (岩波科学ライブラリー312)感想
小学校の先生は必読。何故間違えるのかを分析せずに、誤答をただやり直させるだけではダメ。p.107の様な分類ができているか?野球のコーチが、打撃についてアドバイスする際に、ただただ素振りを繰り返すだけなんてありえない。バットの持ち方なりスタンスなり、力の使い方などをアドバイスしてこそコーチの価値がある。https://bookmeter.com/books/19781297 ←はまだ入手できていない。
読了日:08月07日 著者:広瀬 友紀
清く楽しく美しい推し活 ~推しから愛される術清く楽しく美しい推し活 ~推しから愛される術感想
@mie_1225 さんや @happyharuna0317 のことは以前から[推し]ています。最近では、 @yuna_sing12 さん、 @cocoro_sayomora のことも応援しています。この方々にご迷惑をかけないようにと思い、借りて読みました。想定読者は、もっともっとハードな推し活をしている皆さんのようです。(無茶な課金をしないファンなので)ニョーボやムスメに読ませないといけないかも……でも、彼女らは推しからの認知を求めていないから関係ないかな?
読了日:08月13日 著者:河西 邦剛,松下 真由美
おもいでマシン (新潮文庫)おもいでマシン (新潮文庫)感想
「忘れな草お姉さん」は珠玉。 @kajioshinji3223 さんによる時と出会い・別れの物語は涙を禁じ得ません。あとがきのラストにも笑わせていただきました。しばらく前に草上仁さんの短編集を読みました。ン十年前には梶尾・草上を貪り読んでいたのですが、再起は草上作品にご無沙汰。草上さんも読んでみたいです。「大人になる時」を梶尾さんがご紹介になっている( https://twitter.com/kajioshinji3223/status/1516550371828633600 )ので買おうかな。
読了日:08月13日 著者:梶尾 真治
子どもに学ぶ言葉の認知科学 (ちくま新書)子どもに学ぶ言葉の認知科学 (ちくま新書)感想
今井むつみ先生にご紹介いただいて以来の広瀬友紀先生ファンです。難しい内容を、噛み砕き、とっつきやすいエピソードを添えて、門外漢であるボクにも読みやすく解説してくださっています。わかりやすいということは罠で、理解には程遠く、他者に説明なんかできないと思います。「失ったのではない。手放したのだ」は真実。負け惜しみのように捉える方には「リフレーミング」という言葉をプレゼントします。NHKのある番組で正四面体のことを正三角錐と言っていたのは思い出させてくれたのは第六章。もっと書きたいけれど字数が足りない。
読了日:08月13日 著者:広瀬 友紀
貧乏神あんど福の神 (徳間文庫)貧乏神あんど福の神 (徳間文庫)感想
安心して楽しめました。
読了日:08月27日 著者:田中啓文
貧乏神あんど福の神 怪談・すっぽん駕籠 (徳間文庫 た 67-2)貧乏神あんど福の神 怪談・すっぽん駕籠 (徳間文庫 た 67-2)感想
シリーズ全作同様安心して読むことができました。幽霊が出てきちゃうのか……って思いましたが、考えてみれば最初からキチボウシが出ていました。もともと人外の登場人物(?)が出てくる話でした。福の神の正体はいつ明かされるのでしょう。福の神さんだけでなく、大家さんも素敵な方です。おみつさんとのロマンスはあるのかな?
読了日:08月27日 著者:田中啓文

読書メーター

# by N-_-10 | 2022-09-04 19:51 | Trackback | Comments(0)

2022年07月の読書

7月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:483
ナイス数:29

傑作はまだ (文春文庫 せ 8-4)傑作はまだ (文春文庫 せ 8-4)感想
ひと言で表すと「平和」かな。智のような息子と、智が現れたあとのようなご近所付き合いをしたい。p.168「君は、どうして、今、ここに来たの」に続くやりとりは、当に読者の疑問に答える形で進みながらも、僕の予想を大きく覆してくれた。p.194からの展開も予想外。ラストへの急展開は全くの驚き。日常のような非日常のような「平和」な社会で素敵でした。
読了日:07月04日 著者:瀬尾 まいこ
MIX(19) (ゲッサン少年サンデーコミックス)MIX(19) (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
何故登場人物が死んじゃうんだろう。
読了日:07月17日 著者:あだち充
いじめ加害者にどう対応するか――処罰と被害者優先のケア (岩波ブックレット 1065)いじめ加害者にどう対応するか――処罰と被害者優先のケア (岩波ブックレット 1065)感想
教員の多忙化は、本書47ページからの「学校にあらゆる役割が詰め込まれてしまう」の節に書かれている様に読み取った。政府は金の使い方を間違えているように思える。
読了日:07月17日 著者:斎藤 環,内田 良
数学がおもしろくなる12話 (岩波ジュニア新書)数学がおもしろくなる12話 (岩波ジュニア新書)感想
ザーッと読むだけでなく、一つ一つ計算をし、考え、じっくり読みたい本。高校生の夏休みの課題図書ってことでどうでしょう。
読了日:07月21日 著者:片山 孝次
てのひらの未来 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season:アナザーストーリー (集英社文庫)てのひらの未来 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season:アナザーストーリー (集英社文庫)感想
昔、村山由佳はよく読んでいた。「おいしいコーヒーのいれ方」も当時はしっかりフォローしていたのだけれど、いつの間にか追いつかなくなっていた。先日、本屋で目にして、つい手に取った本書は外伝短編集。登場人物のことを少しずつ思い出しながら詠むことができました。帯の「あの日、あの時、あの場所で。僕らは何を想っていたんだろう−−。」に納得。また、フォローしていた当時の僕は、あのころ何を想っていたのか……なかなか思い出せない。
読了日:07月28日 著者:村山由佳

読書メーター

# by N-_-10 | 2022-08-27 22:48 | Trackback | Comments(0)

2022年06月の読書

6月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:836
ナイス数:11

中野のお父さんは謎を解くか (文春文庫 き 17-13)中野のお父さんは謎を解くか (文春文庫 き 17-13)感想
このシリーズは読む人を選んでいる。文学に造詣が深くなければついていけない。僕は選ばれていない読者。でも、しつこく追いかけてしまうのはなぜだろう。p.62に「人間というのは、感情を持つ生き物」とある。人間だけが感情を持つと明言しているわけではないが、「犬猫には感情はないのか?」と考えさせられるセンテンス。人間と獣との違いは感情の有無か?前野隆司の「脳はなぜ『心』を作ったのか」が未読であったことを思いだした。積ん読本が大山塊を成している。
読了日:06月10日 著者:北村 薫
航空自衛隊 副官 怜於奈(2) (ハルキ文庫)航空自衛隊 副官 怜於奈(2) (ハルキ文庫)感想
登録漏れ。第1巻よりも副官らしいと感じたような気が……。
読了日:06月14日 著者:数多 久遠
航空自衛隊 副官 怜於奈3 (ハルキ文庫)航空自衛隊 副官 怜於奈3 (ハルキ文庫)感想
今までの巻では副官の仕事とはどういうものだろうかと、一般の秘書的業務と比較して詠んでいた。本巻では、副官のポジションがそれほど強調されていなかったような気がする。
読了日:06月14日 著者:数多久遠

読書メーター

# by N-_-10 | 2022-07-07 21:38 | Trackback | Comments(0)