人気ブログランキング |

木枯らしに抱かれて、潮騒のメモリー

あまちゃん曲「潮騒のメモリー」が「セーラー服と機関銃」とリンク? V6井ノ原が指摘、ネット上で盛り上がる」とのことです。
 「あさイチ」では出演する井ノ原快彦さんと有働由美子アナウンサーが「あまちゃん」を受けたコメントで始まるのが恒例となっている。この日は開口一番に鈴鹿の話題となった。その中で有働アナは、井ノ原さんから聞いた「『セーラー服と機関銃』と歌詞が重ねてある」という話を持ち出した。井ノ原さんは「うれしいよね、あれ。分かる人には分かる」とニコニコ話す。
冒頭でのコメントはここで終わってしまったが、番組最後に行っている視聴者からのFAX紹介コーナーで、真相が明かされた。有働アナが「潮騒のメモリー」2番の歌詞「置いていくのねさよならも言わずに 再び会うための約束もしないで」を読み上げると、井ノ原が「(さよならは別れの言葉じゃなくて)再び逢うまでの遠い約束」という「セーラー服と機関銃」の一部を口ずさんだ。井ノ原さんは、以前から関連性に気付いていたという。ネット上でも以前から一部で指摘されていたが、多くの人に届くこととなった。(J-CASTニュース)



 ステキな仕掛けだと思います。
 ジョニーを2時間待ったのは千円返してもらうためだったってコトもわかりました。(←違います)

 さて、Nと〜が「潮騒」という単語から連想するのは三島由紀夫さんの小説とそれの映画。(特に山口百恵さん&三浦友和さんのもの
 有名なたき火のシーンは「『潮騒』と言えば焚き火と裸の男女となってしまっている。」(LACROIXのちょっと辛口 映画 批評 2011-6-14)ということで、Nと〜自身にも思い当たる節があります。もしかしたら宮藤官九郎さんも?なので『潮騒のメモリー』の歌詞に「来てよその火を飛び越えて」とあるのかも。
 でも、ここで言いたいのは「来てよその川乗り越えて」の方。これって、「涙の河を越えて……♪」へのオマージュでは?小泉今日子さんが歌っているのですものねぇ。「セーラー服と機関銃」も劇場で見ましたが、「木枯らしに抱かれて」も大好きな曲で、アルバイト先の有線で何度もかかっていたのを憶えています。
 また、秋元康さんを意識している可能性も……。川って言ったら、美空ひばりさんの「川の流れのように」とかAKB48の「RIVER」も連想できませんか?

 ぺきぶろにあるように、紅白歌合戦が楽しみです。
by N-_-10 | 2013-09-30 00:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://n10n.exblog.jp/tb/20787547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2013年 9月の読書 2013年 8月の読書 >>