人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2022年03月の読書

3月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:337
ナイス数:21

ナゾ解きミステリー読解ドリル 科学の不思議 事件ノートナゾ解きミステリー読解ドリル 科学の不思議 事件ノート感想
読者対象は小学校4年生以上。小学生が読んだら面白いかも。(ボクが読んでも面白かったです)でも、国語のテストみたいな感じで問題を解くことを考えた瞬間につまらなくなりそう。沢山の漢字にルビが振られているところに好感を持てる。知らない漢字をこういう文を読んで憶える。[科学の不思議事件ノート]だけれど、やっぱり読解ドリルの風味の方が強かったように感じます。
読了日:03月15日 著者:秋木 真,蒼山 皆水,伊豆 平成,水上 下波,星野 舞夜
賢い子はスマホで何をしているのか (日経プレミアシリーズ)賢い子はスマホで何をしているのか (日経プレミアシリーズ)感想
@nanakoishido 比較的恵まれた家庭の子どもを想定しているように感じる。p.34の「19世紀の外科医が……」はよく聴く話だが、本書のお陰で出典がわかった。シーモア・パパートさんの言葉だそうだ。3章から。リミックスは大事。学ぶは真似ぶが語源とか。他者へのリスペクトの気持ちが育まれるという意見に賛成。p.57「学校が『遅れた場所』のままでいいのか」もよく聴く。まったく同感。学校にもっとお金を落として欲しいです。
読了日:03月15日 著者:石戸奈々子
ミッキーマウスの憂鬱ふたたび(新潮文庫)ミッキーマウスの憂鬱ふたたび(新潮文庫)感想
前編の「ミッキーマウスの憂鬱」を読んでいたので購入。前編は16年前ですって?読メに読了登録されていないのも納得。あのころ、TDRの人材育成とかホスピタリティとか関係の本が沢山出版されていたような気がします。p.256で回収された伏線が、まさか伏線だったとはp.23時点では思いもよりませんでした。この伏線回収があったので、p.263辺りでは(別の)あの伏線を回収に来たなってわかりましたけど。前編を読み直したい欲求が出てくると共に、「マジシャン最終版」「イリュージョン最終版」も読みたくなりました。
読了日:03月20日 著者:松岡圭祐

読書メーター

by N-_-10 | 2022-04-03 21:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://n10n.exblog.jp/tb/32544008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2022年04月の読書 2022年02月の読書 >>