人気ブログランキング |

会派変更の方が罪が大きいのでは?

 河野太郎衆議院議員のブログ竹中平蔵大臣の議員辞職を批判する記事があった。
 所詮比例区で当選した議員。辞任しても自民党から次点の候補者が繰り上げ当選になるだけ。この記事へのコメントの多くは河野太郎議員の言葉遣いの悪さを批判するか、「辞めたっていいじゃん」といった感じだったと、Nと〜は受け止めている。

 どちらかというと比例区で当選後に会派を変える議員の方が問題が大きくはないだろうか?
 当選してから、会派の人数を増やさないと代表質問の時間も確保できないから、とかいって他党と同一会派を組む政党も問題ないか?
by N-_-10 | 2006-09-16 23:00 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://n10n.exblog.jp/tb/4568042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 公務員の不祥事 棋士番号 >>